【WordPress】アンカー広告(ページ単位の広告)を全ページに一瞬で追加する方法

ブラックおすすめ

ども!

キャンプ場制作ニートの成松(@NariShige03)です!

今日はWordPressでブログやサイトを運営している人に向けて、Google AdSenseのアンカー広告を、プラグインを使うことで簡単に導入する方法について解説したいと思います。

アンカー広告

-スポンサー広告-

Google AdSenseのページ単位の広告とは?

WS000080

”ページ単位の広告”は去年あたりから新しく追加されたAdSenseの広告方式でありスマホなどのモバイル端末向けの広告です。

名前の通り、表示したいページにのみ広告コードを挿入することで、

アンカー広告(画面下に表示させる方式)

モバイル全画面広告(画面一面に表示させる方式)

を表示させることができます。

今回の記事では、モバイル全画面広告は使いません(画面一面に表示されるのが嫌いなので)が、同様にして導入は可能です。

Google AdSense アンカー広告の導入方法

それでは実際にアンカー広告(別名オーバーレイ広告)の導入方法について解説します。

まずはじめにGoogle AdSense にログインします。

ログインが出来たら、サイドバーから、広告の設定>コンテンツ>ページ単位の広告をクリックします。

WS000082

ページ単位の広告のステータス画面が表示されるので、導入したい広告を選択してステータスを変更します。

今回はアンカー広告を導入するので、ステータスバーを○から縦線に変更します。

WS000069

ステータスを変更した後、”コードを取得”ボタンを押して、広告コードを入手します。

WS000070

このように広告コードが表示されればOKです。

WS000071

このコードをコピーし、広告を表示したいページの<head>タグ内に設置することで、広告を表示させることができます。

この広告をサイト内の全部のページに表示したい場合・・・

成松
 え、全ページにコード張るとかめんどくせぇえ!!

って思いますので、プラグインを使って、一瞬で全部のページに広告コードを設置したいと思います。

「Per page add to head」を使ってタグを設置する

それでは実際にWordPressのプラグイン「Per page add to head」を使って、全ページに一瞬でタグを設置します。

Per page add to headをインストールする

まずはプラグインを導入しましょう。

WordPressのメニューバーからプラグインを選択肢、右上の検索ボックスに「Per pafe add to head」を入力し、検索します。

WS000072

検索結果から「Per pafe add to head」の今すぐインストールをクリック。

WS000073

インストールが終われば、プラグインの有効化を行います。

WS000074

これで、「Per pafe add to head」のインストールと有効化が完了です。

Per page add to headの使い方

「Per pafe add to head」を使う場合、WordPressのメニュー画面から、設定をクリックして「Per pafe add to head」を選択します。

WS000076

「Per pafe add to head」を選択すると、コード入力画面になります。

WS000077

GoogleAdsenseの画面から、コピーしておいた広告コードを、入力します。

WS000078

「Per pafe add to head」の設定を変えることで、表示させるページを変更することも可能です。

いまは全てのページに表示したいので、デフォルトのままで大丈夫です。

WS000079

変更を保存とクリックすれば、アンカー広告の導入が完了します。

アンカー広告が機能しているかテストしよう

それでは実際にアンカー広告が導入されているかテストしましょう。

テスト方法については、Google AdSenseのページ単位の広告の下部に”テストを実施”というボタンがあります。

WS000084

テストをする理由としては、正常に動作をしているか確認することです。

アンカー広告は、最適なタイミング(収益が見込める場合)にしか表示されません。

つまり、確認するためにサイトにアクセスしても、正しく導入出来ていないのか、導入できているが表示されていないだけなのか。を判断できないのです。

そのためにテストを実施することが必要になります。

”テストを実施”を選択すると、テスト方法が表示されます。

WS000083

アンカー広告の確認テスト手順

①モバイル端末から、サイトにアクセスします。
②サイトURLの末尾に#googleadsを追加します。
③テストを実施する広告(アンカー広告か、モバイル全画面広告か)を選択します。
④広告が表示されているかを確認します。

こちらが、広告を導入したサイトにアクセスしたときの画面です。

s-写真 2017-04-24 17 25 59

この状態だとアンカー広告は表示されていません。

s-写真 2017-04-24 20 16 25

#googleadsを、URLに追加して入力します。

s-写真 2017-04-24 20 16 31

広告の選択画面が出てくるので、ANCHORSを選択します。

s-写真 2017-04-24 17 39 38

そうすると、画面下部にアンカー広告が出てくるので、正しく導入できていることがわかります。

アンカー広告で、収益は増加するのか?

今回、スマホなどのモバイル端末に対して、アンカー広告を導入しました。

実際にどういった影響が出るのかはまだわかりませんが、収益UPに繋がる結果が出れば嬉しい限りです。

覚えていたら、また来月にでも経過報告させていただきます!

アンカー広告の収益の確認方法

実際アンカー広告でどれだけの収益が出ているかを確認する方法について最後に解説します。

まず、Google AdSenseに進んで、

パフォーマンスレポート>詳細レポート>広告の動作 を選択します。

WS000085

そうすると、標準広告とアンカー広告についてそれぞれの収益が表示されます。

WS000086

成松
 どれだけ収益が出るかな!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!