かっこつけてしまう自分がすごく恥ずかしい。プライドを捨てたい。

ブラックおすすめ

どうも!

キャンプ場制作ニート成松(@NariShige03)です。

いきなりですが

最近は、自分嫌いが発動しています。

あとは自分が動くだけなのに、変なプライドが邪魔して行動できなかったりすることってよくありませんか?

「俺はもっとできるんだ!」

「失敗したらどうしよう!」

そんな葛藤する心とプライドについて書きました。

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%89%e9%ab%98%e9%81%8e%e3%81%8e

-スポンサー広告-

かっこつけてしまう自分が嫌だ

人は誰でも、他人からいいように見られたい欲求ってあると思います。

所謂、承認欲求と言われるやつだと思います。

承認欲求(しょうにんよっきゅう)とは、他人から認められたいとする感情の総称である。

出典:wikipedia

幼少期の影響や、育った環境など原因は人それぞれだと思いますが、承認欲求が強い人は多いはず。

成松もそんな”いいかっこしい”の一人です。

昔から、学校の勉強などをまじめにやっていたのも、

自分が勉強が好きだから。ではなく、

ただ他人から認められたかったからなんだと思います。

そんな、いいかっこしいの成松は、中途半端にやって失敗するのが、すごい恥ずかしいことだって思ってます。

でも、そんな思い込みが邪魔をして、基本的に行動できなくなってしまうことがほとんど。

なにかをしたいと思っても、

「他人からどう見られるんだろう?」

「どう思われるんだろう?」

そんなことばかり考えてしまいます。

そして、怖くなってひきこもってしまったり、自分の殻に篭ってしまうのです。

そうやって、自分の恥を必死に隠します。

こんな自分がすごい嫌いです。

あなたにも当てはまることってありますか?

プライドを捨てる覚悟がない自分

いいかっこしいな成松は自分で、自分がプライドが高いんだろうなって思うことが多いです。

人から批判されたりすると、すぐに感情的になってしまう部分があったり。。。

こうやって感情的になってしまうのも、承認欲求が強くて、他人に認められないことに危機感を覚えることの裏返しの行動なのかもしれません。

でも、結局は自分が人に誇れるだけの何かを持っているわけでもありません。

だから、本当は人から批判されるような人間だし、ほめられるような人間じゃないってことなんですよね。それでもそれを認めたくないプライド。難しいですね。

私に、人に誇れるものがない原因はわかっています。

それは、私が自分で自分の行動を押さえ込んできたからです。

行動をすることで、初めて人は実学を得ることができると思います。

それなのに、私には圧倒的に行動した経験が足りないのです。

いつも、何かをする前に

「どう見られるのか?」

「できなかったらどうしよう」

そんなことばかり考えてしまって、行動してこなかったのです。

それなのに、いいかっこしいの私はわかっているフリをしてしまいます。

さも、自分はすごいんだって、プライドを守るために。

恥ずかしい人間ですね。

でも、このプライドをなかなか捨てることができません。

何かがあるたびに、顔を出します。

「俺はすごいんだぞ!」

「俺はできるんだぞ!」

「俺を認めろ!!」

そんな叫びが心の奥からわきあがってくるのです。

自分のプライドはどこから来ているのか

このかっこつけてしまう自分はどこから来ているのでしょうか。

最近は、そんなことをよく考えています。

自分はどうなりたいの?

他人にどう思われたいの?

そして

それは”なぜ?”

自己否定をしながらも、嫌いな自分から一歩進みたい。

だからって考えてても堂々巡り。

そんなのは不登校時代経験しているはずなのに、未だに繰り返してしまいます。

こんな自分を変えたい。

私のプライドの元はどこにあるのか。

考えて見つけられないのなら、ただただこのプライドを受け入れるべきなのかもしれません。

「自分はこんな人間なんだ」と諦めて受け入れる。

それが大切なのかもしれません。

そして、受け入れた状態で、上手に向き合っていくべきなのかもしれません。

思えば、

昔から他人から相談されたり、頼られたりするのがすごく好きでした。

少しでも誰かが頼ってくれていれば、自分はそこにいていいんだって、安心感を持つことができたからです。

自分が他人から必要とされている。

この実感を得るために、人の相談に乗っていたのです。

これって、私はただただ、すごく自己中心的な人間なのだと思います。

自分のプライドを捨てるにはどうしたらいい?

それでは、どのようにしてこの育ちすぎたプライドを捨てればいいのでしょうか?

結論は

捨てられない。

ってことだと思います。

うまく付き合っていくことはできても、根本にある欲求。それが具現化されたようなプライドを捨て去ることは私にはできません。

それでも、このプライドとうまく付き合っていくために、自分の弱さを吐き出したくなりました。

それが、今日のこの記事を書く理由です。

自分のプライドや弱さを不特定多数にさらけ出すことで、素の自分を少しでも出す練習になればなって思います。

かっこつけたい

いいようにみられたい

そんなものは素の自分ではなく、装飾をつけた自分で、偽りの自分です。

ブログなどをやっているとブランディングが大事だとよく言われます。

ブログは双方向性のあるメディアではなく、一方通行のメディアです。

自分の発信したい情報だけを一方的に発することができ、見せたい自分だけ見せることもできるのです。

しかし

そういったことをやろうとすると

よりかっこよく見られたい。

よりすごく見せたい。

そんな欲求がひどくなってきます。

本当の自分からかけ離れた自分を、発信することに違和感を覚えるようになり、自分がわからなくなってしまいます。

それなら・・・

いっそのこと本当の自分を隠さずに恥だと思っている自分を出すことで、その違和感を抜け出して、これからは承認欲求のかたまりみたいなプライドとうまく付き合っていければなって思います。

まとめ

自分の行動力がどんどん下がってきていて、本当に嫌になっていた毎日ですが、そんなところも含めて、公開していくべきなんじゃないかなって思いました。

完璧人間であることを演じてきた学生時代に戻っても仕方が無い。

関連記事⇒【隠したい過去】なぜ学校を中退したのか|中退は悪か

自分が自分らしく。

私はシェアキャンプ場を作って、みんなが自分らしくいれる場所が作りたい!!

それなのに、それを作ろうとしている私が、自分を偽って演じてても何も生まれないよね?

これからは、もっともっと等身大の自分を見つめなおしていきたいです。

あ!

こんな成松とお話してみたい!

なんて特異な人がいたら是非お話しませんか?

連絡先はこちら!

Twitter:@Narishige03

DM送ってもらえれば、返信できます!

それかお問い合わせページからメールでも大丈夫ですので、よかったらお待ちしています!

お問い合わせ

あと、1/29(日)に第二回テーブルゲーム大会を開催しますので、もし参加できるよって方は予定空けといてくださいね!

第一回の様子はこちら

第一回ボードゲーム大会inシェアキャンプ場 を開催しました!!

↓第二回テーブルゲーム大会の募集ページはこちら↓

テーブルゲーム02サムネイル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!