【ブラック企業に負けるな】労働基準監督署に相談に行ってきた

ブラックおすすめ

どうも!

キャンプ場制作ニート成松(@NariShige03)です。

今日はハローワークへ続いて労働基準監督署にいったときのお話・・・

昨日ハローワークへ行った記事はこちら

【退職前にするべきこと】ハローワークへいってみた!

ReportsIMG_G20130507004303

-スポンサー広告-

労働基準監督署に行ってきた

まず建物を見て思ったのは

地味!!

すんごい地味。。

廃校になった小学校みたいな感じで

知らない間に通り過ぎてました笑

建物内は相談に来ている人はなく閑散としてましたが

受付の人に

「労働基準違反申告に来ました。」

または

「労働基準違反の相談に来ました。」

と言いましょう。

また、この場合

申告であるなら申告書を用意しておくと良いでしょう。

また、申告書を提出する際は、具体的に労働基準法に違反している内容が正確にわかる資料があると便利です。

(例えば、タイムカード、未払い賃金がわかる給与明細など)

私の場合は退職を考えている中で、

・未払い賃金請求

・年次有給休暇の取得の可否

主にこの2点について相談させていただきました。

労働基準監督署での相談結果は?

結果は・・・

未払い賃金の請求可!

年次有給休暇の取得可!

とのことでした。

現場で言えないなら本社宛に書面で提出して、勝手に休んでOK!!

とのことでした笑

そんなことしたらどうなることやら・・?

有休無理やり取得できました。⇒【有給休暇を0日から21日まで増やしました】会社との戦い

未払い賃金も請求しました。⇒【ブラック企業を許すな】未払い賃金請求の経過と、これからの行動予定

とりあえず

お役所様なので、

基本的にはデータや情報がなければ動きようがないとのことで、

超過重労働→タイムカード等で勤務時間がわかるデータ

賃金の未払い→タイムカード等&給料明細など

有給休暇の取得→取得書面提出後の会社側の対応次第

*書面については配達記録郵便にて送付すること。

とアドバイスを頂きました。

ここで配達記録郵便を利用しないと、会社側が受け取っていないと主張することが可能になるので、注意するように。

とのことでした。

また、現在申告したとして

実名申告か、無名申告か選べるとのことでした。

この場合、勤めている状態で実名は何らかのリスクが考えられますので無記名申告をするほうが良いかもしれません。

(ただ、会社内で犯人探しが行われるかもしれません。とのこと)

労働基準監督署で相談して考えた今後の方針

とりあえず労働基準違反について申告して、会社と争いたい方は

労働基準監督署で現状を報告し、どういったデータを集めればよいかを指南してもらうといいと思います!

しっかりとしたデータがそろえば労働基準監督署にて提出されたデータを基に対応してもらえます。

ブラック企業はあなたの命を粗末にしています。

ブラック企業は法律が許しません。

という強いメッセージをもらい。

これからは退職までに、出来るだけ労働基準法に違反している証拠となる情報を集めていきます。

情報集めのために、こんなものも買いました。

ボイスレコーダー

戦うためには備えがなければ戦えません。

きっちり準備していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!