好奇心は行動力を高めるための最高の原動力になる

ブラックおすすめ

どもっす!

キャンプ場制作ニートの成松(@NariShige03)です!

行動することでしか結果は得られないし、成功したいなら行動するしかありません。

でも、なかなか行動って出来ないんですよね。

それでも行動したい!!って人は、好奇心を大切にするのが良いのかも知れません。

好奇心は原動力

-スポンサー広告-

好奇心は原動力になる

アメリカの心理学者アブラハム・マズローの欲求5段階説は有名ですが、それとは別に彼の著作『人間性の心理学』にて、ほかの2つの基本的な欲求が存在していることを述べています。

その1つが、「知りたい」「やってみたい」というような認知の欲求です。

偉い人が言っているくらい基本的な欲求である好奇心って、やっぱ大切なんですよね!

テレビやSNSを通じて情報を得ていて、「おもしろそう!」だとか思うことっていっぱいあると思います。

ちなみに最近、私が気になっているのはサバゲーのアーチェリーバージョン!アーチェリーハント!

遂に、日本上陸ということなので、ぜひチャレンジしたい!!

ASOBIBA~アーチェリ-ハント~

こういった

「やってみたい」

という好奇心を大切にすると、自然と行動的になれます。

好奇心を裏切り続けると無気力状態に繋がる

s-GREEN_TA20140125_TP_V

でも、普段なかなか忙しいと「やってみたい」と思っても、時間が無くて出来なかったりしますよね。

成松も、社蓄時代は本当に何もできなくてしんどかったのでよくわかります。

でも、そのやりたいと思っている心(=好奇心)を裏切り続けると、本当に心が弱っていきます。

自分のしたいことが出来ない。

やりたいことが出来ない。

そんな状況が続くと、今度は「やりたい」「したい」といった欲求すら、無くなってしまいます。

これがいわゆる無気力状態です。

この状態が長く続けば、精神を傷つけてしまってうつ病などの精神疾患に繋がってしまうかもしれません。

好奇心で終わらせずに、行動に移す

s-写真 2016-12-10 20 25 43

好奇心を抱いたときに、可能であれば素直に従ってあげてください。

我慢し続けるのではなく、自分の心に素直になる。

それがすごい大切だと思います。

私自身、会社を辞めてから本当に自分のやりたいと思ったことや、ちょっと気になるなっと思ったことにだけ挑戦するようになりました。

最初のうちはなかなか、やりたいこともわからない状態でしたが、普段から「心の声を聞く。」という姿勢を持ち続けるようにすると、自然と好奇心も沸いてきました。

そのおかげで、

クラウドファンディングに挑戦させてもらったり、ピザ窯を作ったり、ボードゲームイベントを企画したりと、楽しい日々を過ごさせてもらっています。

仕事面では、フリーライターとして一ヶ月で10万円ほど稼ぐこともできましたし、現在は毎週小学校に外部講師として雇ってもらっています。

前職のまま毎日の長時間労働に耐えながら過ごしていたら、好奇心を大切にすることは出来ませんでした。

どれだけ、興味のあることや、やってみたいことがあっても

「仕事があるから無理だ」

となってしまって、自分の人生を豊かにするための仕事のはずが、逆に自分の人生を狭く小さくしてしまっていました。

自分はキャンプ場を作ってみたい。

という好奇心を大切にして、一歩行動した結果がいまの状況です。

確かに、会社を辞めたことで収入は激減しています。

それでも、精神的な豊かさは比べ物になりません。

毎日変化があり、出会いがあり、喜びがあり、気付きがあります。

好奇心は小さなきっかけに過ぎません。

そのきっかけに気付いて、行動に移す。

これが大切なんだと思います。

好奇心を忘れないためにメモの習慣をつける

好奇心ってすっごい一時的なものなんですよね。

フッっと現れて、次の瞬間には消えちゃったりすることもあるくらい。

だからこそ、その一瞬に現れる好奇心を大切にするために、「好奇心メモ」なるものをとることをおすすめします。

最近では、スマホのメモ機能もあるので、手軽にサッといつでもメモすることが可能だと思います。

そのメモをちょっと時間が空いたときにでも見返して、実現可能な行動はどんどん予定に組み込んでいきましょう!

いつかやりたいな。

では、いつまでも実現しません。

具体的な予定に組み込むことが必要です。

メモも個人のメモで終わらせるのではなく、SNSを活用してメモをとる方も増えてきています。

こんな感じで、やりたいことをメモとして投稿しておくと、SNS上で反応ももらえるのでおすすめです!

行動できる環境を作る

small写真 2017-01-16 9 31 30

好奇心を大切にしたい!

そう思っても、本当に時間が無くて行動できなくて実現できない!

という人もいると思います。

そのためにも、好奇心を実現できるだけの環境を作るべきですし、将来的にそういった環境が望めるように考えるべきです。

今の環境にいたとして、将来

「どれだけ自分に使える時間が生まれるのか。」

を考えることは大切です。

お金があっても、時間が無ければ使えません。

でも、時間さえあれば工夫次第でやりたいことはやれるものです。

将来を考える上で、自分が望む形の環境を手に入れられるのか?

をひとつの判断基準としてみるのもいいかもしれません。

ワクワクは人を巻き込む力になる

s-無題-4

好奇心を大事にすることは自分にとっても大切ですが、それ以上に、自分の周りにも良い影響を与えることがあります。

好奇心旺盛で、毎日活発に行動されている方を見ると、自分もやろうって気分になりますよね?

影響を与えられる人間になるためにも、好奇心を大切にしましょう。

その好奇心がもたらすワクワクは、自分を変えてくれます。

そして、そのワクワクが持つパワーは、人に伝わって周りを変えてくれます。

好奇心に従って行動することで、自分を変える。

その変わっていく姿を通して、人に良い影響を与えていく。

私自身も、そんな姿を発信していきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします!!

とりあえず

年間200億円を超えるほどの害獣被害を減らすため。猟師の高齢化に伴う後継者不足を補うため。なによりも自然を大切にするために、まずは7月の狩猟免許取得試験に向けて勉強していきます!!

以上!!成松でしたっ!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!