【人生の宿題】働いてれば安心の時代は終わった

ブラックおすすめ

人生の宿題

働いていれば安心?

それは人生の宿題に気付いてない証拠です

lifework

-スポンサー広告-

終身雇用の夢

昔は終身雇用といわれ、ひとつの企業に入れば

そこで定年まで働くのが当たり前とされてきました。

しかし

いまは大企業でも倒産・リストラが横行する時代です

競争社会の中で

あなたの会社はあなたが退職するまで生きていけますか?

そして

あなたが生きていくうえで必要なお金を十分に得ることは可能ですか?

日本の生涯賃金は下がり続けている

現在、サラリーマンの平均生涯賃金は約2億5000万と言われています。

十分だと思いますか?

まずは

平均年収の推移を見てみましょう。

平成9年(1994年)をピークに平均年収は下がり続けていますね

平成23年(2011年)で平均年収が410万です

平均年収が下がり続けているってことは生涯賃金も当たり前ですが下がっています

WS000003

出典:年収ガイド

2000年から2010年までのデータになりますが、

大卒で生涯年収が約2.8億から2.5億まで約3000万減少していることがわかりますね

短大卒・高卒・中卒についても2000万減少していることがわかります

物価は上昇している

デフレ・デフレと叫ばれ続けていますが

物価下がっているように感じますか?

ディズニーランドもこの前

入場料あげてましたよね?

1983年が3900円

2015年では6400円

1.6倍もの値上がりをしています

もちろん

ディズニーランドだけが物価指数ってわけではないですが・・・

実は2.0%を超える日本の長期インフレ

デフレが長かった日本経済からは理解しにくいが、長期で見ると物価上昇はかなり進んでいる。1980年と2014年の物価を比較すると、カップ即席めん60円→143円、食パン一斤107円→142円、航空運賃(東京→札幌)2万3400円→4万190円といった具合だ。実は日本の長期インフレ率の平均は約2.7%。通常の経済ではこの程度の物価上昇は覚悟した方が良いということになる。

出典:ZUU onlineより

ってことで

デフレと言われる割に物価は高騰してます

そして給料は下がってます

あなたは

今のままで大丈夫だと思いますか?

必要生涯資金を計算しよう

生きていくのに自分がどれだけお金が必要だってことわかってる?

ざっくりでもいいので計算してみよう

例.成松の場合

寿命:90歳と過程

年齢:現在25歳

支出:毎月18万

家賃6万、携帯代1万、光熱費2万、食費3万、交遊費3万、奨学金返済2万、雑費1万

生涯月数  = 12 × (90 - 25) = 780か月

生涯支出  = 780 * 180,000 = 約1.4億

単身者として計算しても

生きていくだけで約1.4億必要だということがわかります

また一般家計の平均支出については

総務省「家計調査」のデータによると、2014年の勤労者世帯のうち2人以上の世帯の消費支出は1ヵ月平均318,755円

出典:公益財団法人 生命保険文化センター

だいたい月30万もの支出をしているようですね

これをもとに成松の生涯支出を計算すると

生涯支出 = 780 × 318.755  = 248628900

ちょうど約2.5億ですね

つまり

大卒の生涯賃金 = 生涯支出 です

自分の子供にお金を残せるってのは夢だってわかりますね

そして

短大卒・高卒・中卒の方であれば

データ上、

生涯賃金 は 生涯支出より低いってことがわかりますね

最低限の生活しかできないってことです

あなたの生涯支出はいくらでしたか?

生涯支出から必要な月収を計算しよう

さて

90歳まで生きる場合

一人で生きても1.4億ものお金が必要だってわかったと思います

では定年(60歳)までに毎月どれだけの収入が必要か計算してみましょう

必要月収 = 生涯支出 /  (12*(定年 - 年齢))

成松の場合を計算すると・・・

必要月収 = 1.4億 /  (12*(60 - 25)) = 33.3万

毎月33.3万 のお金を稼いでやっと生きていけるだけのお金を稼げるってことですね

しかもこれ

単身者の場合ですよ?

これで結婚して、子供もできてって考えたら1.4億の2~3倍は必要でしょう

恐ろしくないですか?

月収50万あっても全然足りませんよ

人生の宿題

これは人生に与えられた宿題です

生きるだけで1.4億以上必要なのです

それは

避けていても絶対に必要になってきて

いつか目の前に現れます

この記事を読んで見えてきた人もいるでしょう

思わず

じゃぁどうすんの!!

って思ってる人もいるでしょう

でも

気付いてる人は気付いてるし、大手企業側は

この宿題に備えなさいよ。我々はそこまで面倒みれないよ。

ってことで副業OKの動きが始まってますよね

ロート製薬もそうだし、日産、花王、富士通なども副業解禁されてますよね

副業解禁は自分でしっかり宿題に備えて稼ぐ手段を持ちなさいよって

ことだと思ってください。

宿題を後回しにしますか?

定年後も駐車場で旗振りして働きますか?

それとも

今から宿題をやる努力をしますか?

ほかの収入源をつくりますか?

それとも年収UPの企業へ転職しますか?

宿題を早く終わらせたいなら

とりあえず挑戦することです

なにもしないと

いつか人生の宿題に襲われますよ

もし何か相談したくなったらいつでも

成松が受付中です!

成松コンサル受付中

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!