【他人へのイライラ解消法】自分と他人は違う世界の住人

ブラックおすすめ

「なんでわかってくれないの!」

写真 2016-06-15 23 53 46

そんな風に思ってしまってイライラしてしまうことありますよね

でも

わからないのは当たり前なんです

人はそれぞれ違う世界で生きているからです

みんなは違う世界の住人

-スポンサー広告-

人は自分の価値観でものごとを判断する

基本的なことですが

人はなにかあったときに

その物事を判断するときに

自分の経験や知識からでしか判断できません

だから

お互いに同じものを見ても全く違った捉え方をするのです

芸術家の人と芸術にまったく知識のない成松とでは

1つの絵を見たときの感想は驚くほど違うものになるってのはわかりますよね?

それと一緒です

人は世界にあるものを見ているのではなく

自分の世界を通して世界を見ているんです

なぜイライラしてしまうのか

ならなぜイライラしてしまうのか

それは日本の教育が全体主義で失敗を許さない教育だからです

人と何か違っていることは

間違っている

他人と一緒じゃなければ安心できない

その典型が最近のオソロコーデとかに出てきてたりするんじゃないかと思ったり。。。

そうやって

集団すべてが同じようにされてきた中で

勘違いをしてしまっているんです

同じ集団にいるのだから同じ考え方だ

如何に同じ集団に属し、同じ輪の中にいたとしても

それまでの経験は絶対に違います

そう

住んでいる世界が違うのです

これを忘れてしまっている

だからイライラしてしまうのです

そして

相手に原因があると考える

「なんでわからないんだ」

「なんで伝わらないんだ」

そうではありません

相手は違う世界の住人なのです

相手に原因を求めない

イライラしたとき

ついついやってしまうのが

相手を責めてしまったり、

相手に原因を求めてしまうことです

「自分はちゃんとしたのに・・・」

しかし

そうじゃないんです

相手は違う世界の住人です

「なぜ伝わらなかったんだろう」

と考えてください

そして

「どうやったらうまく伝わったんだろうか」

を考えてください

原因はきっと自分の中にあります

相手に原因を求める

アウトサイド・インの考え方をやめて

自分の内に原因を求める

インサイド・アウトの考え方をしましょう

そうすれば

相手にイライラすることもなくなります

なぜなら

自分に原因があるからです

そこから

自分の内にチャンスを見つけ行動していきましょう

相手が悪い

自分の周りが悪い

という考えだと行動もしなくなります

行動しなければ何も結果は得れません

そうすれば余計にイライラすることでしょう。

逆に

自分の内面に気を付けて

行動していけばいろんな結果が出てきます

そうすれば

今度はもっとよくするぞって前向きなパワーになりますよ♪

まとめ

イライラしたとき

・相手は違う世界の住人で異星人だってことを思い出して

周りのせいにしない

・アウトサイドインの考え方をしていると不満ばっかりになっちゃうよ

自分の内に機会を見つけて行動しよう

・行動すれば何かの結果はでる。そしたらそこから学び・気づきがあるから成長できるよ

この3点に注意して

イライラしたときは相手の顔をヘンテコな異星人だと想像してみてね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!