【ブロガー必見!?】画像加工に最適なフリーツールを紹介する

ブラックおすすめ

ども!

キャンプ場制作ニートの成松(@NariShige03)です!

このブログも気付けば、10ヶ月ほど運営しております!

マジかよ!!

って思うんですが、そろそろ自分のブログのやり方も固まってきてるので、せっかくなので。

ブログ運営10ヶ月を通して使ってみたツールで、ブログ運営で使いやすかったおすすめの画像加工ツールをご紹介したいと思います!!

画像編集ソフト

-スポンサー広告-

ブログに画像加工は必須のスキル

日本にはどれくらいのブログがあるか知ってますか?

少し古い調査ですが・・・

2008年1月現在、インターネット上で公開されている国内のブログの総数は

約1,690万、記事総数は約13億5,000万件

に上ることが、総務省情報通信政策研究所が実施した「ブログの実態に関する調査研究」で分かりました。

引用元:公益社団法人 日本広報協会

約1700万件ものブログが存在していることがわかっています。

この中から読者に選んでいただくためには、文字だけじゃなく画像を入れて差別化を図りたいですよね!

まぁもちろん文字だけで面白い文章が書ける人はいるんだけど、文字だけじゃなかなか楽しませられない!!

そんなことを思って画像を使っている人は多いはず!!

画像は簡単に手に入る時代

そんな需要もあってか、写真素材サイトが増えてきています。そちらを使えば簡単に高品質の写真素材を無料かつ簡単に手に入れることができます!

いくつか例を挙げて紹介したいと思います。

1.PAKUTASO

s-WS000047

PAKUTASOは知らないけど、この人たちはネットのどこかで見かけたことがある人も多いのでは?

s-WS000049 s-WS000048

この辺りの画像はよく使っているWebサイトやブログを見かけますよね!

PAKUTASOは高品質の画像が中心に取り扱っているサイトで、特に人物が入っているものが多い印象があります。

PAKUTASO

2.写真AC

お次は成松も実際によく使っている写真ACというサイトをご紹介します。

s-WS000050

人物から小物まで幅広く取り扱いのあるサイトが写真ACです。

無料会員だと画像サイズが小さいものしか利用できなかったり、検索回数に制限があったりと少し不便なところもありますが、欲しい素材が探しやすく使いやすいサイトです。

写真AC

3.フードフォト

特化系の写真素材サイトもご紹介。

s-WS000051

フードフォトは料理や食べ物・飲み物に特化した写真素材サイトです。

ブログの特色にあった素材サイトが見つかると使いやすいので、料理系のブログなどを作りたい人は一度見に行ってみてください。

フードフォト

画像が簡単に手に入るからこそ加工する

上記のように高品質の無料素材がたくさん出回っている現在。

ただ画像を入れただけでは、ブログの特色を出すことって難しいですよね。

だからこそ、画像をそのまま使うのではなく、加工してあげることが特色を出す秘訣です。

画像加工が苦手な人でも簡単かつ無料で使えるツールを今回はご紹介したいと思います。

画像加工ならPicosmos Toolsがオススメ

Macの人はいろいろおしゃれなソフトがあるようですが、Windowsの成松は、なかなかいいフリーソフトに出会えませんでした!

しかしPicosmos Toolsに出会ってからは、だいたいの画像はなんでも作りたいように作れるようになりました!!

ってことで、PCからブログを書いてるWindowsユーザーさんには是非おすすめしたいPicosmos Toolsです!

DLはこちら

s-WS000052

こちらがソフト起動画面になります!

複数画像のレイアウト機能から、レタッチなどの効果機能、複数画像の一括処理、1枚の画像を分割する機能などなど。

様々な機能が使い放題の無料のソフトです!

それではこれから簡単にですが、使い方について解説していきたいと思います!!

そのためにテスト画像を用意!!

s-WS000053

はい、そこ気持ち悪いとか言わないっ!!

Picosmos Toolsで複数画像を並べてみる

Picosmos Toolsを使って複数画像を並べることが出来ます。

”ページのデザイン”という機能を使います。

s-WS000052

ここをクリックすると・・・

s-WS000054

こんな感じでテンプレートから、好みに合った配置のものを選ぶことが出来ます。

005

左上の追加から、挿入したい画像を選択すると・・・

s-WS000055

はい、気持ち悪いですね~♪

こんなのもあったので、集合写真で欠席者の写真を作るときに便利かもしれませんね!

s-WS000000

まぁ、これくらいなら最近はスマホでもすぐ出来るかな?

ってことで、ブログにもっと特化した画像を作っていきましょう!!

Picosmos Toolsでアイキャッチ画像を作ってみる

ブログ記事を書く際に重要なアイキャッチ!

アイキャッチは記事をあらわす画像ですね。”成松ブラック企業辞めるってよ”のアイキャッチはこんな感じ。

s-WS000002

文字だけのあっさりした作りなものから、

ピザ窯お披露目会

↑みたいな、画像を入れたものまでいろいろです!

慣れてくると3分もあれば作れちゃうので、ささっと作ってみましょう!

今回はPAKUTASOからこの画像をDLしてきたので、この画像を使ってアイキャッチを造ってみたいと思います。

s-OOKAWA9V9A6918_TP_V

ニヒルな笑顔にソソラレマスネ

アイキャッチ画像のサイズは、Twitterに投稿するならすこし横長な方がいいですが、私のブログではブログカードで表示される画像が正方形なので

800×800ピクセルで作成したいと思います。

s-004

Picosmos Toolsの”編集”をクリック。

そしたら編集画面に行くので、左上の白い紙のボタンを押して新規作成をしましょう。

s-WS000003

作成するサイズは先ほど書いたとおり800×800です。

s-WS000004

そうすると背景レイヤーに白紙の800×800の画像が作成されます。

この背景レイヤーの上に、編集したい画像を追加します。

上段のメニューバーからレイヤー⇒新規⇒レイヤーとして開く を選択して、編集画像を選択。

s-WS000005

すると背景レイヤーの上にレイヤー1として、編集したかった画像を出すことができます。

背景レイヤーより大きい部分は表示されなくなるので、背景レイヤーのサイズを変えることで、任意のサイズの画像を作成が可能です。

今回はアイキャッチの例なので

「ブロガー必読!!ライティングを学ぶためのおすすめ10選」

みたいな文言を追加しようと思います。

s-WS000007

左のツールボックスから”T”で表示されているテキスト作成ツールを使用します。

文字はテンプレートからも選ぶことも可能ですし、自分で輪郭線の色や、太さ、文字背景の色、濃さ、太さなどをカスタマイズすることが可能です。

s-WS000006 s-WS000008

文字列はひとつひとつレイヤーで作成されるので、文字を移動させたりするのも簡単です。

s-WS000009

文字を入れた段階でこんな感じになりました。

これだけでも十分それっぽく仕上がってますよね!

s-WS000010

あとはフィルター機能を使ってレイヤー1のみコントラストを増加させたり、光の当て方を変えたりなどして、より綺麗に仕上げることもできます。

s-WS000011

際立たせたい文字の後ろに図形コマンドを使って、透かしを追加することもできます。

最終的に出来上がったのがこちら

011

いやー、怪しいですね!

慣れてくればこんなことも可能です!!

s-013

Picosmos Toolsは最高のフリーウェアだ!!

そんな多機能なツールであるPicosmos Toolsはフリーウェアとして無料で公開されているので、もし画像編集に興味があったり、ブログで独自画像を作りたい!!

そんな人には是非試してもらいたいツールです!

今までもいろんなフリーウェアを使ってきましたが、レイヤー機能やフィルター機能、光源の設定や、切り抜き作業などなど。。

ひとつのフリーウェアでこなせるのって少ないんですよね!無料だとどうしても特化したツールばっかりになってしまうようで。。

そんな中でPicosmos Toolsは全部の機能をしっかり搭載しているので非常に便利!

よかったら遊んでみてくれ!

Picosmos ToolsのDLはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!