こち亀200巻完結決定、1巻から振り返るこち亀の歴史

ブラックおすすめ

こちかめ

おはようございます。

キャンプ場製作ニートブロガー成松(@NariShige03)です。

成松は先日こんな記事を書いたとおり漫画が大好きです。

10選【もう読んだ?】5巻以内に完結するお勧め名作漫画【随時更新】
今日はちょっと 一風変わって成松の大好きな漫画について書かせてもらう。 成松は、1日中漫画を読める人間だ。漫画...

そんな成松にとって衝撃的なニュースだったのがこちら

こち亀:40年の長寿連載に幕 コミックス200巻で完結

e_09455351

みなさんもびっくりしたんじゃないでしょうか?

「こち亀の作者、こんな人だったんだ。」

ってね!

-スポンサー広告-

こち亀の歴史は40年!!

さて、そんな作者様が書いてこられたこち亀はなんと連載40年!!

10歳から読み始めた子が50歳になるっていうね!(当たり前)

すごい歴史ですねー!

そんなこち亀ですが、巻数200巻で完結させるということです。

ちなみに、日本一巻数の多い漫画は何か知っていますか?

こち亀(199巻)

ですね。

ちなみに2位は

ゴルゴ13(181巻)

また、ゴルゴ13は月に2回更新なので

連載開始は1968年。

なんと連載48年で、連載年月でいうとこち亀超えです!

40年続いたこち亀を振り返ってみよう

それでは

これまで40年も続いてきたこち亀の歴史を振り返っていきましょう!

記念すべき第一巻のこち亀

そんなこち亀の第一巻の表紙がこちら

61xF5xknJoL

ぱっと見は、ヤクザ漫画ですね

両さんがコンバット・シューティング・クラブの顧問に!ところが暴走族の出現に、頭にきた両さんは早速拳銃をぶっぱなすが、最後は上からの命令で水鉄砲に!?初期作品山止たつひこ笑劇場も掲載。

出典:Amazon紹介文より

ここで気になる文言が!

なんと作者は昔、山止たつひこというP.Nで活動されていたようです!

img_1-thumbnail2

1~6巻までの初版は山止たつひこ名義で印刷されていて、まとめて売ると1万円は超えるとか・・・

これから、連載終了となればより、レア度が上がるかも!?

そんな第一巻ですが、

第一話の題名からぶっ飛んでいます。

「始末書の両さんの巻」

th_4-6

こちらが記念すべき最初のページですね

よだれを垂らして、馬に金を注ぎ込む両さんと、田舎から東京に来て道を聞きにきたお客様。

そして賭けていた馬が負けた腹いせと、聞かれた場所を知らなかった両さんは追い返してしまいます。

「東京はてめぇみたいな奴が来るところじゃねぇ。さっさと帰りやがれ」

ほんと最低ですね笑

こち亀の大金持ち 中川圭一

ちなみに、第一話からこの男が登場しています。

WS000003

大金持ちイケメン警官の中川圭一ですね。

しかし

彼はかなり最初のほうはぶっとんだキャラ設定で、

まずこのシーンでいきなり派出所までのタクシー代を署につけてます。

これが初出勤ですからかなりの大物ですね笑

さらに、彼の特殊な高級制服ですが・・・

WS000004

だめだといわれましたが、タクシーの中で着替えた

これからは個性の時代

連載当初からずば抜けた発言をする中川くんですが、とんでもエピソードはまだまだあって、銃も特殊なものを使用していて、その銃を使って、使用時の想定訓練をしていたとき・・・

WS000001

撃っちゃいました♪

この後の両さんのフォローもぶっとんでいて、駐車違反の車の持ち主がオノを持って襲い掛かってきたので、威嚇射撃に1発使ったと報告をあげさせていました。

今はいない過去の相方 戸塚金次

2話では両さんの相方はこちらの方が勤めています

Ci5gQv2UgAErrVX (1)

戸塚金次といういかにもヤクザな警官が両さんの相方を務めていました。

しかし、両さんとキャラがかぶっているということで、登場の機会が減っていってしまったらしいです。

___400x400

いや、むしろ両さんに消されたのかもしれませんね・・・。

こち亀の紅一点の初登場 秋本カトリーヌ麗子

こち亀の紅一点と言えばこの方 秋元カトリーヌ麗子 ですね

この方も初登場ではかなりぶっ飛んだキャラでした。

3F3F-67-thumbnail2 3F3F-68-thumbnail2

いきなり派出所に車で突っ込んで出勤してくる秋元嬢

ちなみに初登場は11巻話数は100話という記念すべきタイミングでした。

また、おたふく風邪にかかった寺井の補欠要員として応援に来たのが始まりです。

WS000005

「半分しまってあるじゃない!ほうりだすっていのはこうして・・・」

思わず両さんもタジタジである。

また裏話として

著者の秋本さんが”山止たつひこ”から現在の”秋本治”(本名)名義に変更したのも100話であり、初登場の秋本麗子は読者に新しいペンネームを覚えてもらうために、登場させたキャラだったらしいです。

愛すべき上司 大原大次郎

両津が最も恐れる人物である大原部長。

両津を怒る際のバリエーションが人気のキャラである。

5d572e4b 192 o0450032513258133895 hqdefault

基本的には、両さんがむちゃをする→部長にキレられる

これがこち亀の鉄板の流れでもありますね♪

しかし、古い人間でもあり、

IT関係やゲーム関係など、たびたび両津に助けを求めるシーンもありますね。

img_2

人生送りバント、気弱な 寺井洋一

派出所のみんなの相談役というか、唯一の常識人である寺井洋一。

警察官に似つかわしくない気弱な風貌で、両さんは心配(遊び半分)で、いろいろ世話を焼いてくれていますね。最大のおせっかいと言えば第170巻であった改名ですね。

ans-256268447

寺井洋一は”丸井ヤング館”に改名されていますね。

WS000006

出典:こち亀公式HP

なお、一話だけの読みきり設定ではなく、公式HPでも変更されており、完全に改名されてしまっています。

両さん恐ろしい。

しかし、いつもいじめられているからこそちょっとダークな部分もあるのがまた魅力ですね。

746e450f

自身が妻子持ちであることから両さんをいじるシーン

「オリンピック男」 日暮熟睡男(ひぐらしねるお)

4年に1度の夏季オリンピックが行われる年にしか目覚めないという超希少キャラでもあるが、その特殊能力によって、免職されないすごい警察官である。

o0350027113717014498

また、本作での登場シーンも間隔が空きすぎるため、登場するたびに

両さんや部長が彼に関する説明をいつもしている。

能力としては、24時間以内の未来を100%正確に予知したり念写をしたり、テレポーテーションなど持っている

日暮熟睡男

しかし、機嫌が悪いと念力で暴れることがあり、そんなときは弟の日暮起男が止めてくれています。

CcYeMEEVIAEOveG

白バイ隊員といえばこの人 本田速人(ほんだはやと)

普段は内股で気弱な本田隊員ですが、バイクに乗ると人格が変わる二重人格で有名ですね。

chara02

彼は実は過去に「関東男連合」という暴走族の初代総長だったという経験があります。九州などで暴走族1000人を相手にし、ボコボコにし、数え切れないほどのバイクを破壊した、恐ろしい過去の持ち主で、過去の暴走族の仲間は本田を「レジェンド・オブ・ダークネス」と崇めて、リスペクトされています。

そんな本田隊員の愛車はこちら

file-640x480

愛車・白バイは、ホンダのCB750 Four。ステレオでは矢沢永吉を聞いています。

他の白バイ隊員たちは、基本VFR750/800PやGSF1200Pに乗っていますが、本田のみいまだにCB750 Fourを乗り続けるというこだわりようです。

元傭兵の異色警官 ボルボ西郷

アメリカでFBIの射撃術をマスターし傭兵・グリーンベレーとして5年間世界の戦場を渡り歩いた経験を持つ異色の警官であるボルボ西郷。

そんな彼は全身フル武装しているのが最大の特徴である。

CNqAJ6OVAAAWGGT

実はこんな凶暴そうな男ですが、本当はただの用心深い男。

戦場で生き抜くために身につけた臆病さから、フル武装になってしまっています。

CN4_rFcU8AA8OM7

臆病なボルボとの名刺交換は命がけです。

街中でヘリコプター音が聞こえれば・・・

CN4_rFgUsAUmSQ6

また武器を取り上げられると、どんどん気弱になりまともに生きていけません。

CN4_rDhVEAApqim

格闘技の鬼の本性は・・ 左近寺 竜之介(さこんじ たつのすけ)

ボルボ西郷とよくセットに登場する左近寺。

あらゆる格闘技を極め、圧倒的な体育会系であるが、恋愛ゲーム「どきどきメモリアル」に出会い、美少女ゲーマーになってしまう。

chara02 (1)

ゲームのやりすぎでゲーム機のコントローラが左近寺の指の形に擦り減っているという逸話もある。

また体力自慢として、100mの崖にかけられた縄梯子を15秒かからず登りきるなど、圧倒的なパフォーマンスを示す。

ゲームに出会っていなければ、彼はオリンピックでも活躍する選手になっていたのではないだろうか。

o0480047012646712450

まだまだ紹介したいキャラは

両さんと結婚話まで進んだ”擬宝珠 纏”や、署長の”亀森 鶴吉”( 屯田 五目須)、本田隊員の交際相手である”乙姫 菜々”、両津のことが大好きな元男の”麻里 愛”、海パン刑事を筆頭とする特殊刑事課のメンバー、アメリカ海軍の爆竜大佐、中川の恩師であり発明家の”絵崎 ころ助”、通天閣署の紅一点”御堂 春”などなど。

紹介し始めると、何万字になるかわからないので、本当にこち亀40年間の歴史には感服である。

こち亀の裏話

これまでの歴史の中で、知っている人は知っている裏話をちょっとだけ紹介したいと思う。

実は最終回はすでに存在した!?

69巻の両さんメモリアルという話では、3話かけて麗子、中川、両さんの生い立ちを描き、雰囲気をつくっていって、両さんがみんなに欲しがっていたものをプレゼントし、別れを告げ派出所を去っていきます。そして・・・最後には、

「長い間ご愛読ありがとうございました」の文字があり、当時はかなりの反響だったとか。

1656d956

しかし、次のページでは、

では”新・こちら亀有公園前派出所”となっており普通に話しが戻ってきます。

両津本人曰く「連載終了だと一言も書いてない」とあり、それに怒ったみんなに漫画から追い出されてしまいます。

そんな両津がたどり着いたところはなんと・・・

CCzy-AdVIAAzs-F-thumbnail2

「ナメック星」

実はどんな話でも両さんは登場している!?

実は、2000話近い話の中で主人公・両津勘吉が登場しなかった回は一度もないのだとか。

唯一登場が危ぶまれたのは、両さんが48度の熱を出して入院した回。

他のキャラだけの出演で話が終わりそうになりますが、なんとか最後の2ページで病院から駆けつけて登場する両さん。さすがの主人公の維持ですね!

こち亀は両さんがいるからこそ、成り立っているという証拠でもありますね!

ans-334737123

ちなみにその回は164巻6話「スピンオフの巻」です。

中川のネクタイが毎回変わっている?

1巻から登場している大金持ち中川圭一ですが、実は彼のネクタイは

毎回変わっているってご存知でしたか?

image  b76839cb-97b4-47b5-8529-cda2552cf69f WS000007

お酒が入るとキャラが変わる一面も・・・

mig

こんな彼が最終話にはどんなネクタイを身につけてくれるのか!

そういった部分も今後の楽しみでもありますね♪

こち亀の絵は常に進化している

40年もあれば作画が少しずつでも変わっていくのは当然のこと。

いままでの変遷を調べていくと、こんなまとめてくれている画像を見つけました。

6cb6a57e

10冊ごとの作画の主要キャラの変遷と、初登場キャラをまとめてくれていますね。

これを見ると、これまでの作画の進化がまるわかりです!

大原部長なんか1~10巻のときと比べると割りと別人!?

いや、両さんもか笑

こち亀は日本国民に愛されている漫画である

40年もの歴史を持つこち亀は本当に長く愛されてきた漫画である。

それを示すもののひとつとして累計発行部数があると思います。

こち亀の累計発行部数はなんと1億5650万部

ワンピースが3億2000万部と、飛びぬけてはいますが、ジャンプ漫画では

ワンピース、ドラゴンボールに次ぐ第三位!

これをギャグ漫画が達成しているってすごくないですか?

ワンピース、ドラゴンボールは海外でも有名ですが、おそらくこち亀はそんなに海外での知名度はないと思われますので、

本当に日本で愛されている漫画なんだなって思いますね!

こち亀終了に関する作者のコメントに驚愕する

しかし、その歴史に幕を下ろすことが決定となったこち亀ですが、

作者のコメントを紹介させていただきます。

週刊少年ジャンプ(集英社)で1976年(昭51)9月から連載を続けてきた国民的漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、17日発売の同誌で完結することになった。

~中略~

会見で秋本氏は「びっくりさせて申し訳ない。だが、おめでたいときに終わるのが一番。両さんはお祭りが大好き。みんなに祝ってもらい、スッと消えるのが両さんらしい大団円」と話した。

体調などの問題ではないという。「新作に挑戦したい」とも語った。

一人の作家が描く漫画では、世界に例のない単行本200巻。累計発行部数は1億5000万部以上だ。連載終了の決断がよぎったのは、200巻発売と連載40周年到達が現実味を帯びてきた約1年前という。「迷いながら相談を持ちかけた」と話を進めてきた。

~中略~

休載は一度もなかった。だが初代編集担当だった集英社の堀内丸恵社長ら歴代担当10人の前で「週刊少年誌で40年も描かされる…いや描かせてもらいました」と冗談交じりに語り、苦労をにじませる場面もあった。

~引用終わり~

出典:「こち亀」連載40年で終了…秋本治氏「おめでたい時に終わるのが」

こち亀の終了会見の内容ですが、こち亀が終了するということはもちろん驚きなのですが、

①新作に挑戦したい

②休載は一度もなかった

この2つの発言が自分の中では衝撃的過ぎましたね。

ジャンプで連載することの大変さはBAKUMANを読めばわかりますが、

本当に大変なことです。

そのジャンプで40年間書き続け、終了したにもかかわらず

新作に挑戦したい!!

かっこよすぎる!

さらに休載は一度もないなんて、強靭すぎる!!

両さんよりも作者の秋本 治さんの体と心の強靭さにびっくりです!

これも本当に漫画を愛しているからこそなんでしょうね!

そんな

国民から愛され、また漫画を愛する秋本 治さんの

こちら亀有公園前派出所の今後の展開の詳細は17日発売号のジャンプで発表するとのことです!

いよいよラストに向けて動き始めるこち亀!

今後の展開が楽しみですね!

2016年9月23日までの期間限定無料

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!