自分を裏切るのはだいたい自分という真実

ブラックおすすめ

おはようございます。

キャンプ場製作ニートブロガー成松(@NariShige03)です。

会社を辞めてから時間が出来る分、自分の気が緩んでいるなって痛感します。

そんなときに、思い出す言葉があります。

%e8%87%aa%e5%88%86%e3%82%92%e8%a3%8f%e5%88%87%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%84%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%86%e7%9c%9f%e5%ae%9f

-スポンサー広告-

自分を裏切るのは自分自身

俺の敵は だいたい俺です

自分の”宇宙へ行きたい”っていう夢を

さんざん邪魔して  足を引っぱり続けたのは

結局 俺でした

他に敵はいません

「宇宙兄弟」第107話/南波六太

これは

宇宙兄弟という漫画の主人公「南波六太」の言葉です。

彼は

小さい頃から宇宙へ行きたいという夢を持っていました。

しかし、中学・高校と大きくなるにつれて、周りに夢を追いかけているような人はおらず、

夢を追いかけている自分が非常に恥ずかしく感じるようになります。

そして

普通に自動車会社に入社し、働いていました。

しかし

彼の弟である”南波日々人”は、夢を諦めず・叫び続け、見事実現させていくのです。

あるきっかけで

会社をクビになった南波六太はもう一度、子供の頃の夢に挑戦します。

そう宇宙飛行士に。。

とまぁ

そんな感じのストーリーなのですが、その漫画で先ほどの言葉が語られるシーンがあるんです。

とある上司から

自身の敵は誰か?

と問われたムッタは、

自分の敵は自分だ

そう答えるのです。

どんな夢を持っていても、それに挑戦するかしないかは自分次第。

諦める選択をするのも自分。サボるのも自分。怠けるのも自分。

向かっていくのも自分。

常に自分自身との戦い。

これを思い出させてくれる言葉で、最近の自分にとって重要な言葉です。

自分のやりたいことを見つけることが出来るのは非常に幸運なことだと思います。

でも、見つけれたとしても

それを掘り出さなければなりません。

見ているだけでは、ただの幻想になってしまいます。

私は、学生時代からずっとやりたいことがわからず、

とりあえず学校の勉強だけしていた人間でした。

しかし

途中で嫌になり、中退を決意しわからないまま進んできました。

そのまま就職をして働いていましたが、常に感じることは

”俺の夢ってなんだ”

そういう思いでした。

でも

今はシェアキャンプ場というひとつの夢を見つけられたのです。

それに向かって全力で走るだけです。

それなのに

敵がいます。

そうです。

自分自身です。

~~をしなければならない。

そう思っていると・・・

現れるのが自分自身という敵です。

その敵に負けないように。

敵は自分なんだ。

自分に勝つんだ。

その思いを胸に持って、しっかりとがんばって生きたいと思います。

あなたも

自分と言う敵に負けないでください。

がんばって。

本日紹介した作品はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!