【自立は悪】依存しまくりニートが自立について考えてみた

ブラックおすすめ

おはようございます

夢追い脱社畜ブロガー成松(@NariShige03)です

仕事を辞めて
友達の家に泊まり歩いたり
実家に荷物だけほっぽり出して、東京にやってきました。

そんなくそったれ甘えん坊ニートが自立について考えてみました。

聞いてください

「自立について本気だして考えてみた」

20160327191426

結果は・・・

自立しろ!は悪だ

-スポンサー広告-

自立ってなに?

自立とは・・・

他への従属から離れて独り立ちすること。他からの支配や助力を受けずに、存在すること。
出典:コトバンク

つまり

何にも縛られず、何にも頼らず生きてるってことだね

今の成松は

親に頼って、友達に助けてもらってるので

まったくもって自立してません笑

自立にはよく2種類あると言われます

それは

経済的自立精神的自立です。

経済的自立

経済的自立とは

何かに依存せず、自分に必要なお金を自分で得ていることである

会社員として

自分の生活費を得たり、自営業をして家族を養ったりですね

逆に経済的自立ができていない人として

仕送りを受けて生活している人、国からの支援を受けている人があげられます

精神的自立

精神的自立とは

一貫性のある自己を持っているかどうかです。

精神的な自立ができていないと

「他人が言ってたから」

「親に言われたから」

など、自分のことなのに他人の意見に流されてしまったり

自分の行動を他人の考えや意見で決めてしまうことになります。

自立しろ!って言われるけど・・

人間は成長していくにつれて

親から離れ、学校からも離れ、社会に飛び出ていきます

その中で

自立するということ

はとても大事なことだとは思います。

でも

本当に自立って大事なの?

人を頼ったらダメ?

自立するということは

自分の行動に自分で責任を持つこと

だと思います。

しかし

自分の行動の結果が非常に大きくなってしまった場合、

自分の責任の範囲を超えることがあります。

たとえば

火遊びしてたら家燃やしちゃった☆

100万借りて放置してたら1億になっちゃった☆

などですね。

これを「俺は自立した人間だから自分で何とかする!」

なんてのは不可能だし、余計に迷惑なんでやめてくださいって話

自立した人間なんてのは

「ただのプライドの高い孤高の人」

なんじゃない?

もっと人に頼って支えられたほうが

仲間もいっぱいだし絶対楽しいよ!って話

自立してるからって人に頼らないのは間違い!!ってこと

頼る=依存 ではない

自立しても頼れ!ってさっき書きましたけど

依存してたらダメなんです

依存とは

他のものにたよって成立・存在すること。

出典:大辞林 第三版

依存してしまうと

あなたの存在が成立するのに

他の何かが必要になってしまいます。

あなたはあなたです。

そこは強く持っておいてください。

そして

依存することはデメリットだらけです

あなたの人生はあなたのものなのに

あなたが経済的に依存している場合、その相手の収入に応じた選択しかできません。

あなたが精神的に依存している場合、依存先のいうことでしか選択できなくなります。

人を頼ってもいい

でも

決めるのは自分

頼ることを決める

行動を決める

そこは自分で選びましょう!

自立したからって勘違いしたらだめ

自立することで

自分の世界にこもってしまわないようにしましょう

これが一番の注意点です

自分で決めるのは確かに重要です。

でも、独りよがりになっちゃって、

自分で決めることは全て自分で決める!俺に従え!!

そんなことになっちゃうと

ただの勘違いわがまま野郎

ってことになっちゃいます

だから

自立しろ!

って相手に言ってると、相手が勘違い暴走野郎になるかもしれないよ

自立から自律へ

自分を立てる自立から

自分を律する自律へ

自分のことを立てるだけなんて

ただのわがままくそ野郎だって話で

自分のことをわかったうえで

自分を律するそれができないとだめだよって話

自分が個々として独立した存在でありながら

自分のことを自分でしっかりと御する

それができないとだめなんじゃない?

あなたは自立できてますか?

あなたは自律できてますか?

自立だけ意識してると悪になっちゃうよ、気を付けて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!