【人生初体験】成松、ウォーターラン大阪 に参加してきたってよ

ブラックおすすめ

おはようございます

夢追い脱社畜ブロガー成松(@NariShige03)です

昨日は

ウォーターラン大阪というフェスイベントに参加してきました!

写真 2016-07-31 22 48 38

男4人で参加するってなんだかさみしいですね笑

でも会場は

有名人もいっぱいいてすごかったよー!

Co1vYKxVUAAfW67

-スポンサー広告-

人生初フェス

そもそもフェスってなんだよって話ですが

フェスはフェスティバルのことでお祭りとか祭典って意味で

いわゆる

野外フェスとか夏フェスとか音楽フェスとかですね

ちなみに

日本の夏フェスと呼ばれる音楽イベントの起源は、

1960年代にアメリカで行われたウッドストックが始まりと言われています。

日本の夏フェスは、始めはロックのみの音楽のお祭りでしたが、

今ではその種類も多様化し、ポップやテクノ、アイドルも参加するようになりました。

そして

私が今回参加してきた

ウォーターランフェスティバルin大阪ファンランと、音楽フェスがくっついたようなイベントでした。

じゃぁファンランってなんだよ!!って話ですが・・・

人生初ファンラン

ファンランというのは

最近増えてきている

楽しみながら走ることを目的としたイベントで「fun running」の略称です。

2012年にアメリカで発祥したイベントですが、すぐに日本にも上陸して広がってきており

目的は楽しむことですので、お揃いの衣装で走ったり、写真を撮ったり、おいしいものを食べながら走るフードランニングなど、

楽しむために多種多様なイベントが開催されています。

代表例としては

カラーラン

「カラーラン」の画像検索結果

全員が真っ白いシャツを着て、カラーパウダーを浴びながら走るファンラン

バブルラン

「バブルラン」の画像検索結果

全身泡まみれになりながら走るファンラン

ゾンビラン

「ゾンビラン」の画像検索結果

ゾンビメイクをしてみんなで不気味な声を出しながら走るファンラン

などがあります。

いろんなイベントがあるので

興味ある方はぜひファンランで検索

ウォーターランフェスティバルin大阪に参加してみた

それではいよいよ成松が参加してきた

ウォーターランのレポをしていきたいと思います!

まずは受付です♪

チケットを見せるとオリジナルTシャツが渡されます

成松は緑のTシャツをGET

Tシャツの色分けがされていてそれによって

タイムテーブルの進行が変わりますのでちょっとしたチーム分けみたいなものですね!

そして参加した人には

写真 2016-08-01 16 08 34

一人ひとつ防水ケースと水鉄砲が渡されます!

お金とスマホなどを防水ケースにいれて持ち歩きましょう!

防水ケースにいれてないとびっしょぬれになるのでご注意!

水鉄砲は正直言ってちゃっちいので

自分で特大水鉄砲とかを持参しておくとみんなから注目されますよ!

もちろん、水鉄砲は会場でも購入は可能ですので、持参してなくても大丈夫です!

受付をすませて会場に入ると

ランイベントだと思っていた成松は

てっきりスタート地点に連れていかれて走りながら

お互い水の掛け合いをするのだろう!っと思っていました。

しかし違いました。

なぜならそこはフェス会場だからです!

つまり

ステージがあってそこでは

DJや歌手がでてきてわパリピってるわけです!

しかも

観客からステージへ水ぶっかけるし

ステージから観客に向けても水がぶっかけられてて

全身びしょぬれになりながら

みんなが騒いでるわけです笑

走るのがメインだと思っていた

成松一行は

「あ、これ違うわ」

ってなって

かたまってました笑

まぁでも

来た以上は楽しまなきゃってことで

ステージ前まで行って

ずぶぬれになりながら

暴れまくったわけです笑

そんなこんなをしていると司会のDJよりランイベントのタイムテーブルの発表があり

スタート地点へ♪

いよいよ走るんだなー!って思ってたのですが

その前に

水鉄砲合戦が行われるとのことで

全員で集まって

またしても暴れまくることに

「waterラン」の画像検索結果

(出典:ウォーターラン公式サイトより)

「いつ走るんだよ笑」

っと内心思いながらも

楽しんでいよいよスタートです♪

コースは1キロもないくらい?

非常に短いコースでみーんな走ってなくて

ただただ歩きながらお互い水鉄砲で水をかけあいながら進んでいきました笑

給水所は

水鉄砲の給水をする場所なだけで

ランナーの給水をする場所は皆無でしたね笑

写真 2016-07-31 16 19 12

こちらが給水所の様子ですが、ほんと人だらけ笑

みんな記念撮影したり楽しくわちゃわちゃしてました

「ファンランは走らない!!」ってことを学びました

途中ゾンビコーナーもあって

追いかけてくるゾンビを水鉄砲で迎撃するコーナーもあったのですが

みんな歩いてるし逃げないし笑

そして

会場の外周をまわって、ゴールに着くまでに

ステージを横切るのですが

ゴールそっちのけでステージに行く人続出!!

「ファンランはゴールしなくていい!!」ってことを学びました笑

基本的に

ウォーターランフェスティバルは

フェスメインの

ウォーターランはおまけくらいの気持ちでいいと思います

あと、

ステージ前は全員が水掛け合ってるので

足元の芝生がどんどん泥となります

泥の中でみんなで飛び跳ねてるから足元ぐっちょぐちょです!

参加する人は

サンダルや、クロックスなどがマジでおすすめ!

成松はスニーカーだったのでスニーカーぐっちゃぐちゃにしながら飛び跳ねてました笑

ステージ以外にも

タイムテーブルに合わせて

各種会場でイベントが開催されています。

ランイベント以外に

水風船を投げ合うイベントなどもあったり

「waterラン」の画像検索結果

(出典:ウォーターラン公式サイトより)

水遊びをテーマにした遊びイベントがあります

水遊びなので

小学生くらいの子供から40代くらいの人まで幅広く参加してて

フェスにしてはいろんな層の方々がいるのが新鮮でした!

男性陣にとっては

女の子に好き放題を水をかけられるってかなり楽しいイベントなんじゃないですかね?

ステージには芸能人とかもいっぱい来てて

いろんな芸能人に水ぶっかけられるってのも貴重な体験ですよね!

ダレノガレさんとか男性陣から集中砲火で一瞬にしてびっちゃびちゃになってましたし

篠崎 愛さんが出てきたときには

男性陣から歓声が上がってましたね笑

ウォーターランフェスティバルin大阪まとめ

成松が参加して感じた雑感をまとめるとこんな感じ!

・ウォーターランはおまけ

・童心にかえってみんなで水遊びができる

・男の下心が爆発する

・写真撮るなら防水カメラを持参するべし

*普通のカメラだとびしょぬれになって壊れる確率があります

・水鉄砲は特別仕様を持参するべし

・足元は泥だらけになることを念頭に置いておくこと

・日焼け止めは防水仕様のものを

こんな感じかな

日焼け対策はマジでした方がいいです。

写真 2016-08-01 16 06 16

真っ赤っかになって痛い思いをしないようにね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!