お盆玉!?作った奴でてこい!世間の流行に流されてていいの?

ブラックおすすめ

おはようございます

夢追い脱社畜ブロガー成松(@NariShige03)です

最近ニュースを見ていたら

「お盆玉」なるものができていると流れてきて

なんだそれは?

思ったのですが

お年玉のお盆バージョンなんだと!

1年に1回では飽き足らず

夏にまで、親やおじいちゃんおばあちゃんからお金をもらうだなんて!

うらやまけしからん!!!

ってことで

ちょっと調べてみました。

聞いてください。お盆玉作った奴でてこい。

お盆玉

-スポンサー広告-

お盆玉とは?

成松がよくお世話になっている

コトバンクにて調べてきました。

年始にあげるお年玉同様、盆休みに孫や親戚の子どもにあげる小遣いのこと。発祥は江戸時代の山形県の一部地域と言われ、夏に奉公人に衣類や下駄などを渡す風習が、昭和初期に子どもに小遣いをあげるように変化したと言われているが、全国的なものではなかった。最近では、企業が需要を見込んで、お盆玉に関わる商品を展開している。

出典:コトバンク

な、な、なんと

江戸時代からあった風習なんだとか!

でも、成松は一度ももらった覚えないんだけども!!

それよりも

江戸時代からあった風習がなぜ、いま話題になっているのか。

お盆玉流行の仕掛け人は・・・?

それでは

誰がこの現代にお盆玉の風習を作ったのか・・・

調べてみるとマルアイという会社を見つけました。

以下、マルアイのHPより抜粋

お盆玉とは・・・・

お盆に田舎に帰省した子どもや孫、また祖父母にお小遣いをあげるという新しい習慣を広げる為に、2010年より夏の風物詩をデザイしたポチ袋を「お盆玉」として販売を始めました。
「お盆玉」の名称はマルアイで作った造語で、商標登録をされています。
出典:株式会社マルアイ

なななんんと

「お盆玉」というワードで商標登録も持っており、2010年から販売しているとのこと。

つまり6年がかりで

全国にまでお盆玉を広めたというわけですね。

企業のビジネスチャンスにかける姿勢がすげぇ!

お盆玉への正直な感想

たしかに1企業がやり始めたものがここまで

広がって郵便局などでも置かれるようになったのはすごいって思いますが。。。

子供の帰省する目的に”金”をぶら下げる行為

に見えてしまうので

はっきり言ってあまり好きではありません。

人との関係の間に

物質的な”物”や”金”が絡むとろくなことがない。

ネットの反応は!?

これだけ

知名度が上がってきている”お盆玉”実際歓迎されているのでしょうか?

もらった側は・・・

現金じゃないものをもらっている人も・・・

人にものを送るのってやっぱり

喜んでもらえるからいいのかな?

でも

歓迎していない人も??

もらった人でも違和感を感じる人も・・・

これから日本に

お盆玉は根付いていくんでしょうか・・・

あなたは、お盆玉どうしていますか?

よかったらコメントお待ちしています♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!