まだ残業で消耗してるの?定時で帰れない奴に実力がないだけ

ブラックおすすめ

おはようございます

夢追い脱社畜ブロガー成松(@NariShige03)です

まだ

日本ではなぜか

定時で帰ることは悪

みたいに思われている職場の話をよく聞きます。

上司が残っているのに

先に帰るのは悪い

自分が一番下っ端なのに

他の人より先には帰れない

みたいなことですね。

-スポンサー広告-

定時で帰れないのは実力がないだけ

それでは

残業するのは正しいことなのでしょうか?

そもそも残業とは・・・

規定の勤務時間を過ぎてからも残って仕事をすること。また、その仕事。超過勤務。

出典:コトバンク

つまり

会社で規定された時間内に仕事をできなかった人が

残って仕事をしている

ことを言います

学生時代に

残って宿題をしている人を見てどう思いましたか?

はっきりして僕からすれば

「こいつバカだなー。」

って思うだけでした。

先輩からしても

自分が宿題できてなくて、後輩に待たれてるのって恥ずかしくないですか?

仕事を抱え過ぎているって、自分の選択でしょ?

そもそも

仕事を抱え過ぎて定時で帰れないって

自分で

仕事を抱える選択してるんじゃないの?

定時で帰れる範囲で、仕事を受ければいいのに。

自分の許容範囲を超えて、仕事を受けてるから

定時で帰れなくなってるだけじゃないの?

つまり

自分の実力をわかってないだけじゃない?

仕事を抱え過ぎるのはデメリットが多い

複数の仕事を同時に抱えることはデメリットが非常に多く感じます。

器用な人は大丈夫なのかもしれませんが

普通の人は

すべてを同時並行で進めてしまって、

結局どれも中途半端な仕上がりになることが多々あるように感じます。

選択と集中については

エッセンシャル思考のレビュー記事にも書きましたが、

より良い仕事をするには非常に重要な部分であるかと思います。

また

自分自身、複数の仕事を請け負っていると

心に余裕がなくなってしまい、人間関係でもうまくいかなくなってしまうことが多くありました。

残業は企業側にとってもリスク

残業を行うことが正義みたいなクソな風潮がありますが

会社側にとっても

残業はデメリットかつリスクです。

残業は人件費の無駄

残業は

企業からすれば払うべきではない人件費です。

なぜなら

規定時間内であれば、想定の範囲内での人件費ですが、

規定時間を超えると・・・

(法定)時間外労働については、
時間外労働の時間数(時間)×1時間あたりの賃金(円)×1.25(※)
※ 1か月の時間外労働が60時間を超えた場合は、その超える部分については、1.5
(ただし、中小企業等については、当面の間、1.25)

出典:堀 政哉法律事務所

正規の1.25~1.5倍の賃金を払わなければならない。

ということです。

例に挙げれば

時給1000円のAさんが

40時間で終わる予定だった仕事を、10時間残業して50時間必要としたとすると・・・

定時であれば

  1000円×40時間=4万円

4万円の人件費なのに。10時間残業したことで・・・

  1000円×40時間+1000円×10時間×1.25倍=5.25万

約1.3倍以上の人件費が発生していることになります。

なら、単純に考えて・・・

残業が増えればそれだけ利益が減る。

ってことですね。

残業は管理・計算が大変

残業については

基本的に1分単位で支払を行わなければなりません。

  • 労働基準法第24条(抜粋)
    賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。

全額とは

労働者が働き、発生したすべての給与になります

つまり、

企業には1分単位で発生した残業代について支払を行う義務があります

そして詳しくは

行政通達(昭63・3・14基発第150号)

時間外労働および休日労働、深夜労働の1ヵ月単位の合計について、1時間未満の端数がある場合は、30分未満の端数を切り捨て、30分以上を1時間に切り上げること。

1カ月単位であれば30分未満の切り捨ては可能ですが

1日単位で見たときは1分単位での計算が必要となります。

よって、

毎日の残業代を15分以下は切り捨てている企業などは、

法律違反となります。

つまり

毎日のように残業がある会社であれば

それだけ計算が煩雑化すること。

そして支払漏れの可能性が上がります。

企業側にとってかなりのリスクとなりますよね?

”残業は会社のため” ではなく、ただの自己満足

残業をしている人によくあるのが

「自分仕事してるわーw」

みたいな自己満足を感じている人です。

俺12時間も仕事してえらいわー。

とか

会社のために頑張ってる俺、すげぇえ。

みたいな

ことを1mmでも思っている人がいれば

会社に

余計な金(人件費)を払わせて

かつ

余計な管理・計算をさせてる

ってことに気付いてください。

まとめ 残業は悪なのでさっさと辞めよう

雇用主側も労働者側も、残業への認識を改めるべき

残業は、余計なものであり

イレギュラー時の最終手段

くらいの認識を持ちましょう。

残業が

常態化している(毎月みなし残業代含む賃金を支払っているなど)場合、

労働者にとっても負担ですし

会社としても、余計なリソースを消費してるってことです。

つまり・・・

まだ残業で消耗してるの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!