みんなが仕事を辞めた理由を調べてみた結果

ブラックおすすめ

どうも!

キャンプ場制作ニート成松(@NariShige03)です。

仕事辞めたいやめたいって声はよく聞くけど、実際にみんなが仕事を辞めた理由は何だろう?

気になったので調べてみることにしました。

仕事をやめた理由

-スポンサー広告-

みんなが仕事を辞めた理由ベスト10

私が仕事をやめたのは、長時間労働・残業代がないという労働環境が原因でしたが、世間一般で仕事を辞めた理由はどんなのが多いのか気になったので調べてみました。

WS000039

参考にしたのは社会人のための転職サイトリクナビNEXT

このランキングは、転職経験者の退職理由をまとめたものです。

画像内のランキングを見てもらえばわかるかと思いますが、

職場環境が理由で辞めたのが2位、4位、7位にランクイン。(合計32%)

上司や社長への不満が1位、6位にランクイン。(合計30%)

人間関係が3位にランクイン。

しています。

驚くのは、自分のキャリアアップやスキルアップのために、転職をした人が非常に少ない(6%)しかいないことです。

次の環境へのステップアップとして転職をする人よりも、現在の環境に不満を持ったために仕事を辞める人が多いようです。

ある程度、満足できる環境であれば会社を辞める人は少ないということがわかります。

仕事を辞めた人の生の声

とりあえずランキング形式で仕事を辞めた理由について、見てみましたがランキングは回答者によって結果が偏るのも事実です。

参考にしたのは転職経験者100人を対象にしたアンケート結果ですので、まだまだ絶対数が少ないでしょう。

それに、アンケートでは決まった回答でしか退職理由を見ることができません。

もっともっと仕事を辞めた人の生の声が聞きたい。

ということで調べていると

一部上場企業にいても転職した私、人生は一度きりだから

お?気になる

長年勤めた一部上場製造会社を辞めました。

辞めたいのに辞められずに長年勤めていた訳ではありません。

仕事は好きでしたし、生きがいも感じていました。

(中略)

50を少し過ぎてから辞めたのですが、最も大きな理由は子供達が社会人になったからです。

子供たちが学生であるうちは、やはりリスクを冒せません。

ですが、子供たちが巣立ったのですから、後は自分の好きな様に生きようと、

家内に告げていて、家内もそれを了承してくれていたからです。

(中略)

ネガティブな退職は、ネガティブな転職にしか繋がりません。

例えネガティブな退職理由でも、転職に際してはポジティブに行動することが肝心なことです。

出典:一部上場企業にいても転職した私、人生は一度きりだから

一部上場企業で勤めながら50を過ぎてから仕事をやめる選択をした人の経験談がありました。

子供が育つまでは冒険できない。でも、子供達が巣立ったいまだからこそ、自分の好きなように生きる。

すごいかっこいいですよね。

また、仕事を辞めるという行為はネガティブな理由からくることが多いと思いますが、そのままネガティブな気持ちを持って転職活動していても良い結果はでない。と断言されています。

これも経験者だからこそ言える言葉です。

こういった仕事を辞めた人の生の声からこそ学べることは、やっぱり多いように感じます。

ほかにも焼肉屋でひたすら旗振りをさせられた人の話や、自分の理想とする保育現場を探して転職を繰り返した保育士さんの話、人間関係最悪の居酒屋で働いていた人の話など、参考になる話がいろいろあるのでおすすめです。

仕事を辞めたい.net

logo

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!