スキルで稼ぐことの本当の価値を実感した話

ブラックおすすめ

ども!ナリ(@NariShige03)です!

最近はWebライターとして活動の幅を広げているのですが、順調に自分のスキルを使って稼ぐことができるようになってきました。

スキルで稼ぐ

-スポンサー広告-

スキルで稼ぐということ

現在、主な収入源として小学校での講師にブログ、Webライター、キャンプ場運営などマルチに活動させてもらっているのですが、ブログをやっていたことをきっかけでライティングのお仕事をもらえることが増えてきました。

ブログをやるまではライティング(文章を書く)のスキルを持っていなかった私が、1年間ブログを続けたことでライティングというスキルで稼ぐことができているわけです。

ライティングのお仕事をさせてもらえるようになって、

お仕事がもらえる=人から必要とされる

ということを体感しています。

稼ぐという行為が持つ本当の意味

私は稼ぐということは、何かしらの価値を提供することで対価を得ることだと思っています。

つまり需要のあるモノ・サービスを供給することの対価が”お金”であり、その対価を得る行為が”稼ぐ”ということなのだと思います。

稼ぐということは需要のあることを供給することですので、誰かの役に立つことに繋がり、そのおかげで自分の存在を感じることができます。

成松
スキルは持っているだけじゃなく、使うからこそ意味を持つんじゃないかな?

引きこもっていると自己否定に陥りやすい

s-176345cfa0fd174c92134438228cd9d3_s

私はどちらかというと引きこもり体質なので、人付き合いがうまい方ではなく、引きこもって誰とも関わらない日があります。

でも、そんな引きこもりっている日が長い間続くと・・・

  • 自分はダメな人間だ。
  • このまま何もしたくない。

といった自己否定的な感情に襲われてしまい、そこからさらに引きこもってしまっていまうこともしばしば。。。

(同居人のなかかずさん(@kaz_volley )やRee-yont(@ree_yont)に聞いてもらえばわかりますが一時期は本当に部屋から出ずにずっとベットで横になるだけの暮しをしていました。)

そんな引きこもりの毎日を過ごしていく中で、さすがにこのままではダメだと思ったのをきっかけに、とりあえず稼ぐためにライティングの仕事をするようになりました。

実際にスキルで稼いでわかったこと

s-4969ba841a8b94fb29aeb69f4f5e2fb1_s

脱引きこもりをするために、とりあえずライティングスキルで稼ぐということを決意したので、わけがわからないなりにも元気のある日は、Lancersで仕事を探して応募と作業の繰り返しを行いました。

その結果、Lancersを初めて2か月目には7万円を稼げるようになっていました。

WS000012

(これ以外にも、直接依頼を頂いた案件もあったので3月にはライティングを通して10万円を超す収入を得ることができました。)

少ないと思う人も多いかもしれませんが、2月12日に初めての仕事を始めてから約1か月で初心者でも10万円稼ぐことができ、翌月には認定ランサーになることができました。

こういった経緯もあって少しずつですが、自分に自信を持てるようになり鬱々とした気持ちにも勝てるようになってきました。

こういったことから、スキルを使って稼ぐことは、自信に繋がるのだと実感できました。

スキルで稼ぐという達成感

20160505155302

いくら月に10万円稼いだといっても少額ですし、実際ブラック企業で働いていたころの給料から比べれば3分の1以下です。

でも月収30万を毎月会社からもらっていたとき以上に、自分のスキルを使って稼ぐという経験はすごい達成感を与えてくれました。

雇われて稼ぐこととの違い

雇われの立場だったときは、正直自分がどんな仕事をしようが、職場の空間に毎日通うだけで給料がもらえていました。

確かに毎日の労働も長く大変な職場ではありましたが、達成感よりかはただ毎日の繰り返し業務をただこなしているだけだったように感じています。

それが、今回ライティングで稼いでみて、初めて「自分の力で稼いだ」という実感を得ることができたのです。

これは稼ぐという行為に対して、主体的になれていなかったことが原因だと思っています。

雇われであれば、受動的に仕事をしていればそれだけで給料が発生してくれます。

でも、実際に自分のスキルを使って稼ぐとなると、自分から積極的に営業をかけたりして仕事を探すことが必要になります。

そして仕事を探しただけで終わりではなくて、クライアントと直接連絡を取り合って、ニーズを掘り下げた上で商品を作成し納品したり、納品が終わればクライアントからフィードバックをもらって修正が必要であればさらに修正が必要になります。

スキルを通して稼ぐということで、実際に1つの商品が世の中に出ていくまでの全ての過程に携わることが出来る。

これが私が肌で感じた雇われとの大きな違いです。

成松
これまでの自分は本当の意味で稼ぐということをしていなかったのかもしれない。

個人で稼ぐことのできる時代が来ている

PAK85_Projectannai20141123172459_TP_V

IT技術の発展で、様々なプラットフォームが開発され個人で稼ぐというスタイルが行いやすい時代になってきています。

一時期はノマドワーカーという言葉が流行したように、フリーランスとして個人で自分のスキルを活かして稼いでいる人は非常に増えてきているように感じます。

例えば・・・

スキルで稼ぐ例
  • 実体験をブログにして広告収入を得る
  • ブログで磨いたライティングスキルでフリーライターとして稼ぐ
  • カメラ好きなので、撮影技術を生かしてフリーカメラマンになる
  • ハンドメイド雑貨を作って販売する
  • 企画力を生かして、毎月イベント開催する
  • 人の話を聞くのが好きなので、愚痴聞きビジネスをする
  • イラストを描くのが好きなので、似顔絵を描く

ここに挙げた例は、実際に僕の身近で稼いでいる人たちのスタイルです。

もしかしたら、この中のいくつかのスタイルはあなたに合うものかもしれませんね。

いまは、BASEを使って個人商店を持つことも簡単ですし、ココナラ を使えばすぐに独自サービスを出品することもできますし、スキルを活かして仕事を探したい人はLancersを使えば、たくさんの案件から気になる仕事を探すことも出来ます。

スキルが無くてもタイムチケットで自分の時間を売ることもできますし、スペースマーケットを使って空きスペースを売り出すこともできたりと、個人が稼ぐためのプラットフォームは非常にたくさん出てきています。

スキルで稼ぐためには行動が必要

先ほど紹介したようにたくさんのぷラットフォームが出来ているからこそ、あとは個人の”行動力”が大切になると思います。

やりたいと思っていても、自信がなくてやらない人はいつ自信が付くのでしょうか?

私も実際にライターとして最初は自信はありませんでした。

それでも一ヶ月で10万円を稼ぐことが出来て、小さいながらも実績を持つことが出来ました。

そして、この実績が私に自信を与えてくれました。

成松
たくさんの手段が出来てきているなら、あとはその手段を使うだけだよね?

スキルで稼ぐことがもたらす2つの価値

e0cba53fc724e48cd9141e492798a60b_s

実際にスキルで稼いでみてわかったことの1つは、表題の通り「自分に自信を付けてくれる」ということでした。

自信は経験からしか身に付かない

どれだけすごいスキルを持っていても自信が無ければ、そのサービスを売り込むことは出来ません。

最終的に「個人でスキルを活かして独立したい。」なんて考えている人こそ、まずは自分に自信をつけるためにも様々なプラットフォームを活用して、実際にスキルを使って稼ぐ経験をしてみることが、自分の自信に繋がると思います。

少しでもスキルを持っているなら、そのスキルを世の中に供給することで、初めて本物の需要と出会えます。

スキルを必要としている人が、実際にどういった”価値”を求めているのか。

それを直接肌で感じるためにも、個人として自分のスキルを使って稼ぐということは、いい経験になるのではないでしょうか?

スキルアップのチャンスに出会える

スキルで稼ぐということを経験した結果わかったもうひとつが、スキルアップのチャンスに出会えるということです。

実際に、自分のサービスを出品することでいろんなクライアントから”生の声”を聞くことが出来ました。

例えば私の場合ライティングに関してになりますが・・・

  • サイトに合った文体
  • クライアントの個性に合った書き方
  • 画像の使用方法
  • 記事構成の作り方

など、今までブログ運営の経験からある程度できると思っていたことでも、再度勉強しなおす機会になったり、逆に全く経験したことのないようなことを学ぶ機会を得られたりと、自分自身のスキルアップのきっかけを貰うことができました。

スキルで稼いで自信にしよう

それでは実際にスキルで稼ぎたいって思ったときには、どういったサービスを使えばいいのでしょうか?

スキルを出品する場合

実際にスキルやモノを出品したい場合におすすめなのがココナラです。

ココナラを使えば、自分のサービスをすぐに出品することができます。

出品されているものも幅広く、カテゴリだけでもすごい数があるのがわかってもらえると思います。

WS000002

自分のスキルに自信がある人は、出品してみては?

ココナラ公式ページ

スキルを使って仕事を探す場合

ココナラでは、スキルを出品することはできますが基本的に受身の営業になってしまいます。

受身ということは・・・

出品したものに注文が入らなければ仕事になりません。

そういったことを回避するにはスキルを売り込む攻めの営業が必要になり、このときに役立つのがLancersです。

Lancersを使えば、「こんなスキルを持っている人を募集しています!」という多くの案件と出会うことができます。

例えば

デザイン関係なら、ロゴやイラストから看板POPの作成などなど。

WS000003

データの打ち込み作業とかの案件もあったり

WS000004

ライティングだとこんな感じ

WS000005

という感じで、少し見みてみるだけでもかなりいろいろな種類のお仕事募集が出ているのをわかってもらえると思います。

スキルで稼ぎたいって人もそうですが、ちょっとした空き時間がある方や、収入を増やしてみたい人にもおすすめですね!


Lancers公式ページ

スキルで稼ぐことで自信をつけて欲しい

自分に自信がない人や、将来的に独立を考えている人には、まず行動して欲しいなって思います。

自分のスキルを使って実際に動くことを通して、少しでも自分に自信を持つことができたら、もっともっと楽しい人生になるんじゃないかな?

なんてことを思ったりもします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!