転職サイトより転職エージェントが圧倒的におすすめな理由を解説する

ブラックおすすめ

ども!

キャンプ場制作ニートの成松(@NariShige03)です!

社蓄をしていた経験から、退職相談などを受けているのですが、転職活動でおすすめしたいサービスがあったので、紹介したいと思います。

転職エージェント

-スポンサー広告-

転職エージェントとは?

今回おすすめするのは転職エージェントというサービスです。

成松
 転職エージェント??転職サイトとは違うの!? 

転職には転職サイトを利用するのが当たり前って思う方は多いと思うのですが、正直転職サイトはあまりおすすめしません。

転職エージェントは簡単に言うと、転職代理人と呼ばれる人が専任で自分の転職を担当してくれるサービスです。

自分ひとりで、転職サイトを見ながら転職活動をしていても、時間はかかるし、企業についていろいろ調べたり履歴書を作成したりするのも面倒で、なかなかモチベーションは続かないですよね。

でも転職エージェントなら、専属の転職のプロに相談しながら、一緒に転職活動をすることが出来ます。

転職エージェントで出来ること

転職エージェントを利用することで、様々なサービスを受けることが出来ます。

転職エージェントのサービス一覧

・専属エージェントのカウンセリング
・キャリアプランに応じた求人の紹介
・履歴書など、応募書類の添削と修正
面接対策や、アドバイスなどのサポート
・面接日時や入社日など企業との日程調整
給与交渉

この全てを転職エージェントが行ってくれます。
しかも無料で!!

成松
 え、無料とか怪しくないの!? 

転職エージェントはなぜ無料で利用できるのか

無料とか怪しくない?って心配もあるかもしれませんが、転職エージェントの給与体系は少し変わっていて、ほとんどが出来高払いです。

企業に求人を1人紹介するごとに、転職エージェント側に紹介した人の年収の30%分が支払われます。

つまり年収400万の人の転職が決まれば、企業からエージェント側に120万もの報酬が支払われるのです。

企業としてもいい人材が欲しいからこそ、それだけ高額の支払いをしており、エージェント側も報酬に見合うだけの良い人材を紹介するために必死です。

こういったシステムがあるから、転職エージェントを無料で利用出来るわけですね。

また企業側も成果報酬型なら、常時求人広告を出すよりも、本当に必要な人材だけを手に入れたときにのみ支払うほうが、求人費用も安くすむわけです。

成松
 なるほど~。これなら安心だねっ!!

転職サイトと転職エージェントを比較してみる

それでは実際に転職サイトと転職エージェントではどういった違いがあるのかを詳しく見ていきましょう。

転職サイトと転職エージェントの違い①求人の探しやすさ

転職サイトは求人の取り扱い件数は多いのですが、探すのが大変です。

数が膨大だからこそ、どれが自分に合う求人なのかを見極めるのに時間がかかってしまいます。

転職エージェントなら、専任エージェントとの面談後に、エージェントが自分の求めている求人の情報をメールで送ってくれます。

それを見て、そこからどの求人に応募するかを選ぶだけ。簡単ですよね。

しかも求人は非公開求人がほとんど。

成松
 非公開求人って凄そうっ!!  

転職サイトと転職エージェントの違い②面接対策

求人に応募しても、受からなければ転職は出来ません。

自分が求める企業に受かるために重要なのが、面接対策です。

面接が苦手という人も多いと思いますが、転職サイトと違って転職エージェントでは面接対策を行ってくれます。

専任の転職エージェントは、業界についての専門知識も豊富で、知識を活かして面接対策を行ってくれるので、安心です。

逆に転職サイトの求人は、自分で面接対策をしなければならないので、企業について勉強したり業界について独学で学ばなければなりません。転職活動にかける時間がたっぷりある人にとってはそれでも大丈夫かもしれませんが、面接対策にかける時間がない人からすると大変です。

成松
 面接対策する時間が無い人にとっては助かるね!  

転職サイトと転職エージェントの違い③手軽さ

転職活動で重要なことに、手軽さがあります。

現在の仕事が忙しくて、なかなか転職活動にかける時間がなくて、企業との連絡や手続き、書類の準備などなど。。。普通だと転職するだけで一苦労です。

転職エージェントであれば、企業との連絡などの雑務は専任のエージェントに全て任せることが出来ます。

転職エージェントにお任せ

・面接日時の連絡
・入社日の決定
・給与交渉
・履歴書などの応募書類の添削

こういったことをしてもらえるのも、転職エージェントの大きな魅力です。

特に給与交渉は、自分ではなかなか難しいですからね。

それも全て転職エージェントが行ってくれます。

成松
 企業に電話したりする時間が無くても、これなら安心だね!  

転職サイトと転職エージェントの違い④アドバイス

なかなか転職がうまくいかない場合に、詳しい人からアドバイスをもらえるのはありがたいですよね!

転職サイトだと完全に個人任せの転職活動も、転職エージェントなら専任エージェントにアドバイスをもらいながら進められます!

履歴書や、提出書類の添削も行ってくれるので、困ったときにいつでも頼れる相手がいるのはありがたいですね!

転職サイトと転職エージェントの違い⑤転職成功率

ここまで紹介した違いを見てもらえれば、転職サイトより転職エージェントのほうがサポート体制が、整っていることはわかってもらえたと思います。

こういったサポート体制があるからこそ、転職エージェントのほうが転職成功率が高いと言われています。

自分で転職サイトを使って、転職活動をしていてなかなか結果が出ない人は転職エージェントを試しているといいかもしれませんね。

成松
 一人でやるんじゃなく二人三脚だからこそだねっ!!  

転職サイトと転職エージェントの違い⑥転職満足度

転職をする人の多くは、給与の増額を希望していると思います。

職場環境を変えたい人も多いと思いますが、せっかく転職するなら給与も上がって欲しいですよね!

転職後の、給与についても転職エージェントの方が転職サイトより優れていると言われています。

一人で活動した場合は17%の人だけ・・・

代理人と活動した場合66%の人が年収アップしているんです。

出典:エンゼルバンク ドラゴン桜外伝

成松
 給与交渉とか普通なら難しいもんね。。。 

最後に、転職サイトと転職エージェントの違いを表にしてまとめてみました。

WS000060

成松
 これはもう転職エージェントに決まりだな!! 

転職エージェントの利用方法

それでは実際に転職エージェントを利用する際の方法についてまとめて解説します。

WS000061

転職エージェントの利用方法

・転職エージェントのサイトにて登録(履歴書等不要)
・支社に行って、エージェントとの面談(希望条件の刷り合わせ)
・希望条件に合った求人がメールが届くので、希望の求人を連絡します。
・応募書類の作成を行って、添削をしてもらいながら面接準備です。
・書類審査に通れば、面接試験です。日程交渉などはエージェントにお任せ。
・合格すれば、いよいよ入社です。

転職エージェントには、いくつかサービスがありますが、基本的な利用の流れは一緒です。

転職を考える前に・・・

「なんとなく」転職をしたいと思っている人には転職はおすすめしません。

現在の職場に対して不満があったり、キャリアアップが目指せなかったりと、転職理由は様々だと思いますが、何回も何回も転職するわけにもいかないので、転職の前に「本当に転職をする必要があるか」をよく考える必要があります。

まず自分の状況をしっかりと理解し、次のステップに進むための手段として転職を利用することが重要です。転職は目的ではなく、目標を達成するための手段の1つでしかありません。

おすすめの転職エージェントは?

それでは実際に転職する際におすすめの転職エージェントについてまとめて紹介します。

業界No.1のリクルートエージェント

WS000062

まずはやはり転職成功実績No.1リクルートエージェントがおすすめだ。

なんといっても、求人数が圧倒的。かつ膨大な求人の90%が非公開求人という、非公開求人ならリクルートエージェントと言ってもいいだろう。

業界No.1だからこそ、非公開の求人も多く集まる。さらに、エージェントと相談できる相談拠点数もNo.1!

平日20時以降、土日も相談が可能なので、忙しい人でも相談時間を合わせやすくおすすめだ。

また面接力向上セミナーなども開催されており、面接が苦手な人は受けてみてはどうだろうか?面接力向上セミナーは満足度99%とものすごい価値のある内容のようだ。

WS000063

リクルートエージェント公式サイト

第二新卒ならマイナビエージェント

WS000064

マイナビエージェントも多数の非公開求人を取り扱っているが、なんと言っても独占求人が存在していることが一番の重要ポイントです。

それ以外にもマイナビエージェントが重要視しているのが、求人票だけではわからない情報です。求人票からは読み取れない社風や、業界の動向などもこと細かく調べてくれているようなので、転職してから会社の雰囲気が合わないなどが起こりにくいです。

WS000065

マイナビエージェント公式サイト

IT・インターネット業界の転職ならワークポート

業種によって、専門の転職エージェントを利用する方法があります。

IT・インターネット業界については、ワークポートという転職エージェントがおすすめです。

WS000066

IT業界に強いだけあって、ワークポートの提携先企業は、ゲーム業界などの大手企業が多く存在しています。

エンジニアや、ゲームクリエイターの方はワークポートで求人を探せば、自分の専門性にあった求人に出会えるでしょう。

WS000067

ワークポート公式サイト

自分にあったエージェントを利用する

最後に転職エージェントは専任と言っても、変更が可能です。

せっかく専任でエージェントがついているのに、その人と相性が悪ければいい転職はできなません。それならいっそエージェントの変更をお願いしましょう。

それが出来ない場合も考えて、複数の転職エージェントに登録しておき、本当に自分に合う転職エージェントに絞り込んでいく方法をとるのもいいでしょう。

紹介した転職エージェント一覧

リクルートエージェント
マイナビエージェント
転職エージェント・ワークポート

成松
ここまで読んでくれてありがとう。

あなたにとって、いい転職ができることを願っています!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!