残業の上限は80時間?いいえ、45時間です。

ブラックおすすめ

ども!

昨年の7月にブラック企業を退職したキャンプ場制作ニート成松(@NariShige03)です!

今日の毎日新聞のニュースで、残業上限を月に80時間にするという政府方針が話題になっていましたが、

いやいや、今まで45時間が上限だったんだけど。

何言ってんの。

って思ったので、残業の上限について書きたいと思います!

残業の上限

-スポンサー広告-

残業上限の政府方針に関するニュースについて

まず、今回の残業上限に関するニュースについて抜粋して紹介します。

政府は、長時間労働の是正策として検討している残業時間の上限規制について「月80時間」を軸に調整に入った。1カ月単位だけでなく半年や1年などの期間でも規制を設け、この場合は「月平均45時間」などとする案が出ている。政府の働き方改革実現会議の労使メンバーらの意見も踏まえて今国会か今年の臨時国会に労働基準法改正案を提出し、2019年度からの導入を目指す。(毎日新聞)

出典:yahooニュース

このニュースを見て、

残業の上限が今まで決まってなかったみたいで誤解を招くからやめてくれって思いました。

残業はそもそも許されていない?

残業は当たり前のように存在していると思われていますが、基本的に労働基準法では1日8時間・週40時間が上限とされています。

その上限を突破するには労働基準法第36条に基づいて労使協定(36協定)を結ぶ必要があります。

つまり、残業がある=36協定を結んでいるってことなので、

協定の内容がどのように結ばれているかは、しっかり確認しておくことをおすすめします!

残業の上限はどうなってるの?

36協定を結ぶ理由は、残業してもらうためですが、36協定を結んでしまえば残業の上限がなくなるかと言えば、そうではありません。

さすがにそんなむちゃくちゃは許されてないので安心してください。ってことで、上限がこちら。

WS000000

出典:時間外労働の限度に関する基準(平成 10 年労働省告示第 154 号)

ということで、厚生労働省は年間で360時間。一か月だと45時間までの残業しか認めていません!

それなのに、今回のニュースで政府が残業の上限を一か月に80時間で法制度を整えるとか言い出したから、

「おい待てよ!!」

ってなったわけです。

そもそも月80時間の残業は過労死ラインとして設定されているラインであり、政府は死ぬまで働けって言ってるのか?

と耳を疑いたくなるような話でした。

残業の上限は何時間にするべきか。

残業の上限については、厚生労働省が定める時間外労働の限度に関する基準に基づいて定められるべきではないでしょうか?

つまり、一か月45時間。年間で360時間を上限にするということです。

いきなり、「一か月の残業の上限45時間」にした場合、確かに対応できない企業も多いかもしれませんが、それだけ日本人労働者が働きすぎているのだと思います。

長時間働いたからといって仕事の効率が上がるわけではないし、短時間で最大限の成果を出す働き方にシフトするいいきっかけになるのではないでしょうか?

残業100時間以上を経験してきたから言えること。

社畜として毎月のように100時間を超える残業をしてきましたが、正直自分の時間を作るということが難しく、個人消費を行う時間はありませんでした。

こちらの記事(【ブラック企業で勤めた結果】 失ったものと得たものを改めて考えてみた

でも書いていますが、行動範囲が狭くなりがちで、家と仕事場を行き来するだけの生活になりました。

毎日、朝起きて仕事。帰宅して寝るだけの生活。

どこにも出かけないので、ほぼほぼ丸ごと給料が残る生活をしていました。

でも、正直こんな生活楽しくありません!!

お金は稼げるけど、使う時間がない。

ブラック企業に代表されるような超長時間労働の会社は確かにお金は稼げるし、溜まります。

でも、自分の時間がマジでありません!

月の残業時間が減れば、自分の時間が増えます。

ってことは。お金を使う時間が増えるってことなので、個人消費も増えるはずです。

経済が回らない原因は時間的余裕がないから

不景気の原因で個人消費が落ち込んでいるってよく聞きますが、この原因のひとつは

長時間労働によって、お金を使う暇がないことなんじゃないかなって思うんです。

もっと、時間的余裕を与えてあげれば、個人消費が増える。

個人消費が増えれば、景気も良くなる。

景気も良くなれば給料もあがる。

日本の不景気の原因って長時間労働なんじゃね?

残業の上限に対する成松の主張

最後にまとめとして残業上限に対する思いをぶつけたいと思います。

・政府は厚生労働省が出している方針を理解して残業時間の上限を45時間で法整備すべし。

・残業を減らして、時間的余裕を作ってあげてほしい。

・そもそも違法残業=不払い=サビ残だから、上限設けるならマジでチェック体制をどうにかするべき。

法整備して終わりじゃなく、しっかりと企業を監視できる体制を整えてほしいですね。

本日もありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で成松をフォローしよう!